愛情

2013 年 1 月 31 日

 悲しいことだが、体罰によるニュースが跡を絶たない。

 その指導者への非難は永遠につづくように思われるが、世論から忘れ去られ“次の悲劇”を生む。世論は「体罰などもってのほか」といった風潮を生み、そして忘れ去られた頃に次の悲劇が生まれる。

 “スポ根ドラマ”の草分け的存在の「スクール☆ウォーズ」では、山下真司氏が演じる情熱感あふれる監督、滝沢賢治の『今からお前たちを殴る』という代表的な場面がある。このドラマは、京都府にある伏見工業高等学校ラグビー部をモデルにしているのは周知の事実であり、監督もまた滝沢に勝るとも劣らない山口良治監督をモデルにしている。

 極端な例ではあるが、言いかえればこれも指導という名の体罰であることを忘れてはならない。

 ではなぜ、伏見工業が教育界でも伝説といわれ、後世まで語り草になるのか。キッカケは、無名の高校が前年度全国準優勝校に112対0で惨敗したことから始まる。あまりの悔しさから不良生徒たちが泣き崩れ、強くなりたいと誓い、その時に『今からお前たちを殴る』が生まれた。

 生徒たちは奮起し、全国制覇をめざすこととなるのがこのワンシーンであり、伏見工業とドラマ、両者にとっての分岐点になってゆくのである。実際、山口氏も『あの日のかれらの泣き声が伏見工業ラグビー部誕生の産声だった』と自伝(信は力なり 旬報社)でもふり返っている。

 スポーツの名門校である鹿児島実業高等学校のサッカー部総監督であられる松澤隆司氏は『理不尽は人を成長させる』という。

 その理不尽こそが、日本代表選手を何人も輩出している背景なのだと言いかえることはできないだろうか。そのことを暴力に代表される「体罰」なのだと限定するつもりは毛頭ない。だが、そうした理不尽こそが心身ともに屈強な選手を育てあげた小さな証でもある。

 ただ言えることは一方通行の体罰による心の傷は癒えないし、むろん自殺者はかえっては来ない。

 たとえ理不尽があっても、体罰があったとしても、受ける側がいかに受けとるか、ということに尽きる。いつの時代も体罰はあった。幸か不幸かそれを美徳とするのも日本人の特徴でもあり、大切なのは競技者と指導者、教える側と教えられる側が理解しあう心の繋がりなのではないか。

 山口監督の伏見工業赴任当時、校舎のガラスは割られ、校内をバイクが走り回る殺伐とした環境だったという。そんな鼻つまみたちを見捨てなかったのも監督であり、『自分の子供にも同じ態度で接するのか』ということを教員全員に語りかけたエピソードもある。

 そういう熱意と愛情こそが、112対0で敗れた相手を1年後の決勝戦では18対12で倒し、わずか1年で京都一になった源泉なのではないか。


コメントをどうぞ