興味

2012 年 12 月 28 日

 2012年が暮れようとしている。

 年が明ければ正月ならではのイベントが待つ。昨今のランニングブームも手伝い、年明け早々におこなわれる箱根駅伝はもちろんニューイヤー駅伝にも注目があつまる。

 その理由の一つとして箱根駅伝で注目をあつめ、それそのものを4年間にぎわした元・東洋大学の柏原竜二選手が実業団の一員としてむかえるニューイヤー駅伝初舞台でもあるからだ。

 世間から「山の神」と賞賛されようとも、本人はそれを拒む。たとえ箱根駅伝を4年連続で往路優勝を決めるゴールテープを切り、4回中、3回も区間記録を更新した当事者であったとしても。

 分からないでもない、彼はそれと同等の成績をのこしている。在学中に日本代表として、世界ジュニア陸上競技選手権大会10000m7位、ユニバーシアード10000m8位など活躍したことに触れようともしない部分が本人は解せないという。

 残酷ではあるが、風物詩とされるスポーツに注目が集まりやすい傾向が日本にはある。高校野球は夏であり、高校サッカー、大学駅伝は正月、という認識。たしかに総決算の大会でもあるが、その過程や歴史に熱狂できるのは限られたファンのものでしかないのが実情だろう。

 おおきな大会のみをいえば高校野球には春の選抜があり、高校サッカーは夏のインターハイがあり、大学駅伝には秋におおきな大会が2つもある。

 高校生、大学生という限られた時間のなかでおこなうスポーツは数多くあり、その3年間、4年間だからこそ生まれる涙や情緒(じょうちょ)こそおおくの共感をよび、ファンをつくり、感動をよぶ。

 柏原は箱根駅伝の山登り5区を4年連続でまかされ、おおくを背負い、圧倒的な走りをする姿に新たな駅伝ファンをつくったのは疑いようのない事実でもある。

 柏原以前のこの区間は元・順天堂大学の今井正人選手が注目をあつめていた。4年生になった今井がゴールテープを切るとき『山の神ここに降臨、その名は今井正人』というアナウンスを覚えているかたも多いのではないか。

 今井が去った箱根駅伝という大会を柏原が事実上けんいんした。

 正月には実業団の駅伝があり、箱根駅伝があり、高校サッカー選手権大会がある。そして、2019年にラグビーW杯日本開催をひかえ、その主力を担うであろう大学ラグビー選手権大会もおこなわれる。

 今井が去った箱根駅伝を柏原がけんいんしたように、あらゆる大会で“スターのたすき”を脈々と受け継いでいくことこそ大会を盛り上げる鍵となる。

 そして、新しいスター誕生にこそ、スポーツの醍醐味があるといっても過言ではない。楽しみは大会の人気をたすけ、その将来をあかるくする。新たなスターを語り草にしていくのもスポーツの楽しみかたの一つでもある。


コメントをどうぞ