自由

2010 年 12 月 31 日

画に書いたような青空。
大晦日を迎えた今日でさえ、メインスタンド、バックスタンド共にごった返していた。
お客さんの目当ては静岡県代表 静岡学園なのだろう。
試合が始まり、組織された米子北高校のディフェンスに上手くボールを運べない時間が続く。
俗に云う「持たされてる時間」が続く。
すると、ピンチを招く。
ループシュートに続き、FKがポストを叩くなど、メインスタンドを埋めた静学ファンから不安な声が次第に聞こえ始める。
だが、ピッチの選手達に動揺は無かった様である。
9 鈴木の粘りから11 廣渡のゴールが決まると試合の流れは静学に傾く。
個人技に観客が響動き、観客を楽しませる事を意識したプレーが続いても相手を見縊ること無く、相手ボールになった時のボールの奪い方を見ていると、よく組織されたグループだという事に気付く。
後半開始直後に追加点を奪うとを危なげない試合展開で試合を終える。
ボールを持った人間がポジションを意識せず、自由に積極果敢にゴールを目指す。
そして、自由をはき違えないカバーリング能力の高さにも注目して貰いたい。
観ていて楽しいサッカーを展開する。
高い技術やキープ力に注目が集まるが、静学の選手達の体の使い方の巧さに非常に驚いた。
腕は勿論だが、何より腰の使い方が巧い。
注目して貰えれば幸いに思う。

各地で大会1回戦が行われた。
注目された愛知県代表 中京大中京高校の宮市亮が1回戦で大会を去る。
関係者から『伊藤翔の◯倍良い』と聞いていただけに1度、目にしたかった。
この悔しさをバネに入団が決まったアーセナルでの奮起を期待したいのは当然だが、もっと大きな舞台で成長した宮市が見てみたいと思う。

負けていても勝負を最後まで決して諦めない高校生達に感動を覚えながら、残念な光景を目にした。
試合会場は大概、一部を除いて自由席である。
ハーフタイムに観客席付近で知人と話し込んでいると、若い男性が子連れの男性に『ここ空いてますか?』と聞いていた。
その席にはリュックが一つ置いてあった。
すると、男性が『荷物を置いているんで』と答えた。
思わず自分の耳を疑ってしまった。
試合が始まっても男性が気になり時々見たが、席からリュックを退けようともしなかった。
確かに自由席である。
試合会場に早く来た者から、より良い席で試合を観戦する権利がある。
だが、人に席を譲らず、荷物を置いて権利を主張するのは子の親として大人として如何なものか。

より良い雰囲気で試合は観戦したいものである。


コメントをどうぞ