集約

2017 年 9 月 7 日

 日本代表はオーストラリア代表に2018年ロシアW杯(ワールドカップ)アジア最終予選第9節まで、0勝5分2敗と勝利を収めたことはなかった。仮に負けても引き分けても、6大会連続出場が途切れるわけではなかった。

 ところが試合は2-0の完勝劇。日本代表は初めてオーストラリアから勝利し、W杯出場を決めたのは先月の31日のことである。

 オーストラリアは従来のフィジカルを生かした“放り込み”ではなく、丁寧にショートパスを使い攻撃を組み立てるチームに変貌を遂げていた。これは今年6月にロシアで開催されていたコンフェデレーションズカップ2017でもみられた。

 彼らはアジア王者として世界王者と南米王者、アフリカ王者と対戦し2分1敗でグループステージ敗退。大会を去った。しかし、彼らの貫いた戦い方はどのチームも窮地に陥らせた。

 特筆すべきは世界王者との初戦だろう。シーソーゲームの末に3-2でドイツが逃げ切ったが、アジア王者はショートパスと、ときにフィジカルを生かしゴール前にクロスを送り込み、世界王者を最後まで苦しめた印象が濃い。

 オーストラリアは2014年ブラジルW杯のグループステージではオランダ、チリ、スペインと同居する「死の組」に入り0勝3敗、得失点差-6で大会を去った。そのときに感じたのではないか。

 このままでは世界で勝てない、と。

 日本も同大会で1分2敗、得失点差-4で大会を去ったがオーストラリアが感じたほどの、圧倒的な個、戦術の差は感じなかったはずだ。この敗戦を機にオーストラリアは、大幅な新陳代謝をはかり、戦術もショートパスに切り替えている。

 実際、日本戦でも愚直なまでにショートパスにこだわったのも生まれ変わりつつあるチームのそれである。日本もまた代名詞のような選手の起用はせずに、若手と調子の良い選手を起用し、システムも4-1-4-1を採用。

 ベスト16に進出した南アフリカW杯で成功を収めたシステムで、戦い方も似通っていた。日本時間6日にアウェイで行われた最終節サウジアラビア戦では、“旧”メンバーを使い、気温32℃湿度78%の高温多湿の環境下で0-1の敗戦。有終の美を飾れなかった。

 では、日本に何が足りなかったか。

 試合後、DF吉田麻也は「これから大切なのは自分たちのチームでしっかり試合に出ること」とコメント。勝利したオーストラリア戦、敗戦に終わったサウジアラビア戦。2試合の要因はこの言葉に集約されているのではないだろうか。

 日本代表は来月6日、9日に強化試合が予定されている。W杯を見据え、どのようなメンバー構成を組むか。旧態依然としたものになるか、新陳代謝を促すものになるか。どの世界でも結果を残した者が評価されることが常である。

 無論、後者に期待したい。


コメントをどうぞ