態度

2016 年 8 月 29 日

 献身、闘志、誠実。昨季、プレミアリーグ制覇に貢献したFW岡崎慎司へ、英紙からの贈られた賛辞のほんの一部分である。

 所属するレスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督も「われわれの魂」とまで言わしめている。2008年に日本代表に選出以降、着々と得点を積みかさね歴代3位となる「49」を記録している。

 歴代2位のカズことFW三浦知良の「55」に迫っている。岡崎に、カズほどの存在感はなくとも、MF本田圭佑やMF香川真司ほどの輝きはなくとも、幾多の得点で日本の勝利に導いてきた。

 華麗な得点より、泥臭い得点の記憶に残る選手である一方、監督と口論する光景は記憶にない。岡崎の性格によるところも大きいはずだが、高い戦術理解度とチームの和を重んじる姿勢の賜物だろう。

 スポーツに限らず、組織の中での個人の怒りが良い方向に行く場合は稀であり、大概の場合“和”を乱す結果になる。

 ロシアワールドカップ最終予選を戦う日本代表が25日、発表された。

 ヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督は、選出予定だった鹿島アントラーズのMF金崎夢生の招集を見送った。「彼の態度は受け入れがたい。全選手に伝えたいのは、こういう行動はA代表に相応しくない」と苦言を呈した。

 金崎は2ndステージ第9節の湘南ベルマーレ戦で後半25分、途中交代を命じられた。そのとき石井正忠監督が労いをこめて手を差し伸べたが、握手を拒み、憤慨(ふんがい)した様子でベンチに下がったのだ。

 この行為を見かねたハリルホジッチ監督が今回の招集を見送った。すでに金崎は、監督とチームメイトに謝罪したようだが、今後も今回の騒動により注目を集めることになりそうだ。

 どのプロの世界でも、自身のやり方で貫くために必ずしも“上司”に従順になる必要はない。だが、一回の過ちが未来を変えてしまう失態はどの世界でも起こっている。

 選手と監督が起用法を巡って、衝突が起きるのは少なくない。その“いさかい”によって、レッテルを貼られ“下り坂”を歩むことは珍しくない。だからこそ、金崎の今後に期待するものがある。

 岡崎が所属するレスターの開幕戦は、今季昇格したハル・シティに1-2でよもやの敗戦。第2節も強豪アーセナルに0-0のスコアレスドローと波に乗れなかった。

 第3節では岡崎のPK奪取などでスウォンジー・シティに2-1で今季初勝利に貢献した。ラニエリ監督も拍手を贈るなど、信頼の高さを感じさせる内容となった。

 プレミアリーグ王者に輝き、A代表では100試合出場し、これまで49得点を叩き出し、現在では押しも押されもせぬエースとなった岡崎から学ぶべきものは多いはずだ。

 ロシアワールドカップを目指す最終予選は9月1日から始まる。相応しい活躍を期待したい。


コメントをどうぞ