挽回

2016 年 8 月 10 日

 イタリアのレジェンド、ロベルト・バッジョ氏は1994年ワールドカップアメリカ大会の主役だった。背番号10を背負って出場するが、グループリーグではほとんど輝けなかった。

 しかしベスト16に入ると毎試合高度な得点を重ね、チームを決勝戦まで導く。その前年にバロンドールを獲得したバッジョの奇跡的な才能で勝ち進んだことに議論の余地はない。

 イタリア国民は、そんなバッジョを1982年スペインワールドカップ以来となる決勝戦まで導き、優勝に導いたFWパオロ・ロッシに重ねあわせた。決勝戦は90分でも延長戦でも決着がつかずPK戦までもつれると、そのバッジョがPKを外し、優勝を逃した。

 試合直後、バッジョの自宅は心ないファンによって放火された。

 リオデジャネイロオリンピック、グループリーグ第1節ナイジェリア戦を4−5で落とすと批判はあったし、中傷もあった。それでも彼らは第2節コロンビア戦で0-2から2-2に追いつき勝ち点1を獲得。グループリーグ突破に望みを繋いだ。

 同点ゴールを叩き込んだのは、このチームの背番号10を背負うMF中島翔哉だった。ナイジェリア戦が始まる前からあった彼に対する疑問の目は、試合が終わるとより懐疑的に中島に向けられるようになる。

 その一因として中島の出場時間の少なさがある。所属するFC東京での出場試合は、今季わずか4試合に留まっている。「J1で活躍できていない選手が…」といった目が向けられたのは当然だった。

 それでもリオ世代を率いる手倉森誠監督にとって、中島は欠かせないピースになっている。2012年のチーム立ち上げ当初から招集し、今年1月にカタールで開催されたアジア最終予選では難敵イラン相手に2得点を決め本大会に導いている。

 ナイジェリア戦では得点を奪えず、後半31分にピッチを退いている。コロンビア戦ではフル出場を果たし、後半29分に値千金の同点ゴールを叩き込み、監督の期待に応えてみせた。同時に、周囲の雑音を打ち消した。

 オリンピックの2試合を終えて7失点するチームは、強い、とはとても言えない。だが6得点を奪い、得失点差はわずか「-1」に留まっているのは“粗削り”を体現するチームに他ならない。

 チームが尻上がりに調子を上げているのは、スコアにも表れている。チームとしてスロースターターは頂けないが、最終節までもつれたことはファンにとって待望の展開になったはずだ。

 しかし、最終節でコロンビアがナイジェリアを破ればリオ世代の“夏”は終わる。

 彼らが日本に帰国してもバッジョが受けたような仕打ちは受けないはずだが、不幸にも失点に絡んでしまった選手たちの挽回に期待したい。昨年、U-21欧州選手権を制覇したスウェーデンは、相手にとって不足はないはずだ。


コメントをどうぞ