才知

2016 年 7 月 13 日

 フランスで開催されていたEURO(欧州選手権)は、ポルトガルの初制覇で大会に幕を下ろした。7試合を戦い、90分以内に勝利したのは準決勝ウェールズを2-0で下した1試合と冴えない。

 新王者誕生に祝福の声は少なくないのが現状だ。

 例年通りの16カ国で争われる大会形式ならばポルトガルはGL(グループリーグ)敗退を余儀なくされていた。GLでは3戦3分に終わり、3位に終わっていた彼らに決勝トーナメントを戦う資格はなかった。

 今大会は24カ国に出場権が増大され、各3位にGL成績上位4カ国に決勝トーナメント進出の権利が与えられた。ベスト16ではクロアチアを延長戦の末に1-0で下し、準々決勝ポーランド戦では1-1のままPK戦の末に勝利し準決勝に進んでいる。

 その点、ポルトガルは優勝に必要不可欠な運があった。

 決勝戦では大黒柱、C(クリスティアーノ)・ロナウドを前半25分に退くが、延長後半4分にFWエデルが値千金の決勝点を叩き込んで大会初制覇を引きよせた。

 ポルトガルは90年代初頭、「黄金世代」と呼ばれた世代があった。1991年、MFマヌエル・ルイ・コスタ、FWルイス・フィーゴ氏、MFパウロ・ソウザといったメンバーを中心に母国で開催されたU-20ワールドカップで大会制覇をなし遂げた。

 あまりにも美しく、華麗なプレイスタイルで全世界を魅了した。今後のサッカー界は彼らを中心にして動いていく、とまで言われた。実際“ゴールデンエイジ”たちは、所属クラブで欧州チャンピオンズリーグ制覇をなし遂げている。

 所属クラブでは愛され、慕われ続けた彼らは現在でもオールドファンにとって色あせない存在になっている。しかし、ポルトガル代表のユニフォームをまとって優勝トロフィーを掲げる日は1991年以来、二度と来なかった。

 今大会ポルトガル代表を率いたフェルナンド・サントス監督は「良い戦いをしたものは勝利する。美しいとか美しくないとかは関係ない」と大会中に明言している。近年のサッカーシーンが追い求めた「美しさ」を否定した発言に聞こえなくもない。

 EURO2004年大会でポルトガルは、史上最高位の準優勝で終えた。そのときルイ・コスタは32歳、フィーゴは31歳で大会を戦った。決勝戦に敗れ、泣きじゃくっていた当時19歳だったC・ロナウドも今年の2月、31歳を迎えた。

 彼らと同年代になり、チームを牽引する立場にもなり、悔し涙を12年後に歓喜の涙にした。その後継者は今夏、約38億円でバイエルン・ミュンヘンに引き抜かれた18歳のMFレナト・サンチェスといったところだろうか。

 年齢詐称を疑われるほどの才能を発揮するティーンエージャーだ。美しさとは別に“良い戦い”して勝利したポルトガルの才知の系譜は、今後も目の離せない存在になるはずだ。


コメントをどうぞ