特徴

2015 年 8 月 11 日

 幾多のスターを生んできた夏の甲子園が100周年をむかえた。大正4年に産声をあげた大会は100周年をむかえ、記念大会として今大会は野球界のレジェンド王貞治氏が始球式を行った。

 そのレジェンドの母校の西東京代表・早稲田実業高校も1年生ながら注目をあつめる大物スラッガー清宮幸太郎選手の活躍で5年ぶりに甲子園出場を決め、5年ぶりに初戦を突破するなど見えない糸に導かれるように記念大会は進んでいる。

 東アジアカップ2015は最終戦をむかえ、中国に1-1で引き分け大会連覇を目指していた日本は2003年に産声をあげた大会開催以降初の最下位で大会を終えた。

 ヴァヒド・ハリルホジッチが日本代表監督に就任してから全試合にするFW宇佐美貴史は自身の非力さを吐露(とろ)するなど悔しさをにじませる。

 日本代表監督は「言い訳報道」に激昂(げきこう)し、それを否定したうえで「時間が必要」と訴えるが、同条件でアルベルト・ザッケローニ前監督は戦い、大会を制覇している。勝てば官軍負ければ賊軍ではないが、どれも「言い訳」に聞こえなくもないのが現状だ。

 前大会で活躍が光ったFW柿谷曜一朗にしても、FW齋藤学にしても得意のポジションを任せ、結果にむすびつけた。この大会、チーム最多得点を記録したMF武藤雄樹はJリーグの活躍同様に相手を外しかたの巧さが光った。Jリーグでも、日本代表同様の形で計9得点を記録している。

 選手の特徴を活かせたのか、については疑問がのこるのが現状だろう。

 FW永井謙佑の俊足を生かしたいのなら、ロンドン五輪のようにワントップでの起用法もあったはずだし、MF柴崎岳の才能を伸ばしたいのなら出場時間を増やすことも試せたはずだ。

 それでも要所で光る選手もいた。新戦力DF遠藤航は全試合先発フル出場を果たし、韓国戦で得点を記録したMF山口螢の守備力もチームを助け、もっと試してほしいと思わせる選手も少なくなかった。

 東アジアカップを最下位で終えたことは一番弱い国を意味し、アジアカップも連覇をのがしたことを併せると、日本がとうとうアジアの盟主の座からの陥落(かんらく)を意味するだろう。

 これからは厳しい目が必要ではないだろうか。

 東アジアカップ2015は、日本代表戦であっても「やってたの?」といった声が残念ながら聞かれた。どの競技でも関心を惹くために必要不可欠な要素はスターの出現か、厳しい目のはずだ。

 日本代表戦とちがい、甲子園をいくら応援しても「にわか」とは呼ばれない。選手たちのひたむきさがテレビ越しにでも伝わってくるからだろうし、「県民性」という関心、選手たちには理不尽なほどの「高校生らしさ」を求める厳しい目がある。重圧に耐えきれない選手が残れないのは常だろう。


コメントをどうぞ