勢力

2015 年 1 月 6 日

 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走は往路優勝を果たしていた青山学院大学は、復路1位を一度も譲らず初の総合優勝に輝いた。

 91回を数える歴史ある大会において史上18校目で往路優勝した同校だが、総合優勝となるとさらに少なく15校しかなく16番目となる快挙は、伝統校のみが許された名誉という側面をみることができる。

 伝統校の名誉はそのまま知名度にも繋がり、その中にいる部員もその立ち位置を当然意識し、そして慣れていく。今大会で悲願の箱根駅伝を制した青山学院大学だが、これまでのタイトルは2012年の出雲駅伝の優勝のみだった。

 現4年生たちが入学したとき、自分たちの代で箱根駅伝優勝は難しい、と思ったそうだ。ところが1区を走った久保田和真たち現3年生が入学してくると「もしかしたら」と思えるようになった。

 実際、2012年の優勝は「もしかしたら」が最も確信に近づいた瞬間だっただろう。それ以前の青山学院大学は10位以内に与えられるシード権を確保できず、予選会も通過できずにいた。

 その頃を知る部員は「どの大会に出ても疎外感があった」と話す。伝統校たちが視線を合わせて火花を散らし合うなか、自分たちは振り向きもされず、挨拶をしても無視され、そのたびに向上心が生まれ、そういう非常に辛い経験を同校の先人たちは体験している。

 必死に有名選手に喰らいつき、記録会が終わった暗い夜道、肩を叩きながら帰ったそうだ。箱根駅伝に出場することすら叶わなかった先人たちが歯を食いしばり、強豪校に挑み、敗れた時に流した涙が初優勝の礎(いしずえ)になっていることを忘れてはならないだろう。

 ようやくシード権を獲得できるまで力をつけ始めたチームに原晋(はらすすむ)監督は、悲願の初優勝に向け大きなテコ入れをする。

 たしかな能力がありながら、それを出していない選手たちを多くの部員が居並ぶ中、名指しで叱った。前途の久保田はその1人である。昨年の春に靭帯の手術をし、一度は自分の陸上生命は終わったと感じていた久保田は箱根に照準を合わせた。

 走った1区の終盤を振り返ると駒澤大学、青山学院大学、東洋大学、明治大学、とでデッドヒートを繰り返す。この4校の順位が最終順位まで直結したことを考えると、怪我明けの選手がこの場面で挫(くじ)けなかっただけでも賞賛に値するものだろう。

 箱根駅伝とは違い、王者とて出場が約束されていない高校サッカー選手権では前回覇者・富山第一高校が地区予選で敗退した。大塚一郎監督は試合後のロッカールームで「泣くくらいならもっとやれ」と、いささか手厳しい言葉を選手たちに投げかけた。

 初優勝したのちに待ち受ける、見えない重圧に打ち勝てるかもまた見所の一つだろう。


コメントをどうぞ