蝋燭

2014 年 6 月 21 日

 日本とギリシャの対戦の数時間前、同組のコロンビアがコートジボワールに2-1で勝利したことにより、どちらかが敗れた時点でW杯敗退を余儀なくされる展開となった。

 結果は0-0で終えた。前半38分にあったギリシャのレッドカードにより後半45分間を11対10で戦える、数的優位の状況が日本を心理的に優位にしたはずだ。それでも最後までネットを揺らすことはできなかった。

 ギリシャが交代カード3枚を使いきる姿勢を示したが、日本は1枚を残しての引き分け劇に不完全燃焼という印象はぬぐえない。この結果により日本とギリシャは、自力での決勝トーナメント進出の可能性が消滅した。

 おおくのファンにとって、ブラジルW杯での飛躍に確信めいたものを感じていたはずだ。「史上最強」といった肩書きではなく、大会前おおくのファンが目に焼き付けたコスタリカ戦、ザンビア戦の逆転劇がその期待に拍車をかけた。

 ところが大会に入ると、別チームを見ているかのような戦い方に落胆の幅をより大きくしたことだろう。

 期待の中に、先制されても「逆転できる」といった自信があったはずだ。ところがサッカーとはやってみなければ分からないもので、コートジボワール戦では先制し、ギリシャ戦ではレッドカードにより退場したことで心理的に優位にたった。

 この心理的優位が日本を追いつめた、と考えるのは早計だが、まったくなかったとも言えない1分1敗という結果が、現日本代表の現状を雄弁に物語っている。

 しかし、両国にとって可能性そのものが消滅したわけではない。日本がコロンビアに勝ち、ギリシャがコートジボワールを負かせば大会ベスト16入りの可能性があり、是が非でも残された一縷(いちる)の望みに懸けたいところだろう。

 引き分けたことは悲観の対象だが、ギリシャにもベスト16に進む可能性があることは見逃せない。初のベスト16が懸かった同国にとってコートジボワールに勝てば、可能性が出てくるのだ。初戦を0-3でコロンビアに敗れ、その強さを肌で感じたギリシャにとって、日本とコロンビアどちらが強いかは想像に難しくないだろう。

 ギリシャは、日本がコロンビアに負けることを前提に考え試合に入るはずだし、コートジボワールの強さをしる日本は、コロンビアを打ち負かすことを前提とした上で、ギリシャの堅固な守備に頼らざるを得ない展開となった。

 ザッケローニ体制にとっての積みかさねが、ブラジルで灯る蝋燭(ろうそく)だとすれば、現状は風前の灯火である。

 第三節のコロンビア戦では、追いつめられたときに強さをみせたW杯前の日本代表を期待したい。また、蝋(ろう)と芯さえ残っていれば燃え続けることができるのは、誰もがしる蝋燭の特徴だろう。


コメントをどうぞ