目覚め

2010 年 6 月 20 日

夢から覚めたのではないのだろうか。

選手も監督もサポーターも。

勢いはあった。
選手各々が自信を持ってプレーしている様に思った。
昨年9月の対戦に比べると名前に遠慮していなかった様に見えた。
岡田監督のプラン通りの前半だったと思う。
ディフェンスは集中していたし、隙あらば・・という姿勢も初戦に勝っていたからの余裕に思えた。
後半先制され、岡田監督は最初のカードを切る。
中村俊輔である。
機能した。といえただろうか。
少なくとも私には機能している様には見えなかった。
本調子には程遠く、正直岡田監督の同情としか思えなかった。

サッカーはよく『騙し合いのスポーツ』と云われている。
キックフェイントなど最たる例である。
オランダの選手達の頭には『日本は繋いでくる。しかしフィジカルに優れていない為、トラップした直後を狙う』といったチームとして初歩的な約束事があった気がする。
事実、何度もそのタイミングでボールを奪われている。
正直過ぎた様に思う。
そんな中でボールを触りたがる中村俊輔を入れては飛んで火に入る・・とでも言ったところ。

ではどうしたら良かったのか。
ディフェンスラインの高かったオランダの背後に早く、ワンタッチでボールを送る策はなかったのだろうか。
惜しかった岡崎のシュートはヒントの様な気がしてならない。
今までの日本は丁寧にパスを繋いで攻め上がる事をコンセプトにしてきたと思う。
その為の中村俊輔投入は分かる。
しかし、本調子でない選手を使うより好調の選手を使った方がチームとしても息を吹き返す気がしてならない。
これから行われるカメルーンvsデンマークの結果次第では引き分け狙いか勝利剥き出しで来る。
最終節で激突するデンマークはオランダの守りを参考にするであろう。

そこを騙して貰いたい。

未だ出場機会の無い森本。
騙すには最高のカードに思う。


コメント / トラックバック 2 件

  1. master より:

    コメントありがとうございます☆
    明日、いや今日か。南アフリカに旅立ちます!!

  2. 部長 より:

    ヤーマン。デンマーク戦は森本が見たいねぇ。どの試合もワールドカップはおもしろい!

コメントをどうぞ