歯車

2010 年 6 月 15 日

カメルーン戦のホイッスルがなった瞬間。

日本代表史上最強と謳われた前回大会を指揮したジーコ。
何故、ジーコは彼を使い続けたんだろう。
そんな事を不意に思い出してしまった。
誰が見ても、前回大会の彼はどの角度から見ても不調だった。
大会終了後に全貌は明らかになるのだが。。

日本人のメンタリティからすれば、不調の選手がいるだけでチームは気を使う。
不調の選手がチームの中心ならばチームの能力は尚更に落ちる。
マニュアル車の様にギアを変えられる程、今も昔も日本代表は器用では無い。
ならばオートマティック車の様なスムーズさが求められる。
そのオートマティック車の歯車の一つが、いやたった一つのギヤの動きが悪いだけでも日本代表という名の車の動きは必然的に悪くなるのは今も昔も変わらないと私は思っている。
だからこそのワールドカップ開幕前の連敗があった様に思う。
選手がチームの為に動く事、動ける事は強いチームの第1前提。
その第一前提をまずはクリア出来たと私は考える。

この前半の戦い方で文句を言う人がいるとしたら、強豪国の人間か、よっぽどのヒネクレ者だろう。
それ位、前半の日本は良かった。
良過ぎた。
阿部が上がった時のケアだけが気にはなったが、ソコを突けないカメルーンに助けられた感があった。

後半に入り、まずまずの入り方ではあったが崩されてはいなかったので安心して観ることが出来た。
後半終了間際に押し込まれる場面があったが、あの時間帯を経験出来た事こそが選手にとっても日本サッカーの未来にとっても大きな財産になると私は考える。
カメルーンに勝利し、自国開催以外のワールドカップで初勝利を挙げた。
次節対戦するオランダはマニュアルとオートマティックを同時に使ってくる。
昨年9月の敗戦が糧になったと思える様な試合をして欲しい。

カメルーン戦で私はサッカーの持つ力を体感させられた。
サッカーにあまり興味を持たない私の師匠から前半終了と同時に電話がかかって来た。
『何だか嬉しいね』と
これこそがワールドカップの素晴らしさであると同時にサッカーの持つ力だと私は考える。

メンバーを固定して戦い続けた前回大会。
選手自身が交代を申し出ても交代させなかった前回大会。
考え方の溝を埋め切れず、鋼の様な絆を築けなかった前回大会に比べると今回の日本代表の方がチームワーク、戦術の部分では秀でているのかも知れない。
象徴されたワンシーンがあった。
後半24分に松井が交代した際、彼はトレーナーでもないのに体を冷やさない様にとジャージを真っ先に手渡した。
エースと呼ばれ続けた彼、中村俊輔が仲間を思いやる行為を見た時、前回大会の過ちを修正出来たと思ったと同時に今回の日本代表の鋼かは分かりかねるが絆を伺えた。
歯車は土壇場になって良い方向にやっと回り始めた様に思う。
オランダは強い。確かに強い。
無論カメルーン戦の様には決していかないだろう。

だが、アフリカ大陸でアフリカの強豪に勝つ日本代表をいったい何人の人間が想像しただろうか。
連敗続きの日本代表がカメルーン戦でチームとして一番大事な自信を掴んだ事が一番の収穫だと私は考える。

次節、勝とうが負けようが日本サッカーの未来に繋がる試合を切に願う。
やっと良い方向に動き始めた歯車を決して止めない為にも。


コメントをどうぞ