逆手

2012 年 6 月 13 日

 オーストラリアから、みた日本は「永遠にわれらの影」だそうだ。
 W杯最終予選における、対日本の対戦成績は2戦1勝1分けという結果なのだから、そういわれても致し方ない。

 それでも、2011年アジアカップ決勝戦では120分をたたかい、そして勝利を得た。日本にとっては歓喜だが、“影”と蔑(さげす)んだ相手にやぶれた者にとっては、屈辱以上の何者でもなかったはずだ。
 味わった屈辱をかえせる機会として、ホームでむかえるW杯最終予選は、絶好の舞台だったはずだ。

 そもそも、オーストラリアにとってW杯出場とは悲願に近かった。達成するには南米予選5位と争うプレーオフが毎回、まっていた。

 オーストラリアのいう“影”は十分すぎるほど、理解できる。

 日本よりもはやい時期から、欧州移籍を果たしつづけた実力者たちは、ときに南米5位に、ときにイランGKの遅延行為に、そのつど泣かされ続けてきた。アジア枠でのW杯予選参加決定は、出場が“悲願”でも、“高き壁”でもなくなった瞬間だろう。
 初のアジア枠から参加した、前回W杯最終予選では、負けなしで通過した結果が、その実力を物語っている。


 これまで最終予選で対戦したオマーンも、ヨルダンにしても、日本に対し、そうとうな研究を重ねていたはずだ。それでも、日本は研究以上の力をみせ、2連勝、9得点を積みかさねた。相手を蹂躙(じゅうりん)した、といっていいだろう。

 高齢化し、ライバルとみていたオーストラリアは想像以上につよかった。
 サイズの違いを全面に押しだした攻撃に九死に一生を得る場面もあったが、90分間をよく耐え忍んだことは大いに評価できる。
 内田篤人の背中でのブロックも、栗原勇蔵の懸命のクリアも、そして本田圭佑の煌(きらめ)きも、今後をたたかう上でこの上ない経験を手にしたのはまちがいない。

 だが、判定に泣いた。

 現在、イタリアで騒がれている「八百長問題」のような狡猾(こうかつ)なものではなく、もっと幼稚な、そして分かりやすく、帳尻合わせそのもののような判定をいくども目にした。
 相手監督も否定したPKに関しては言うまでもないが、前半序盤のケーヒル(4番)が本田の右膝に、あしの裏であびせたスライディングタックルは、主審が目の前にいながら、カードすら出さなかった。王様ペレの出現をキッカケに、選手を守るために考案されたシステムも無視された格好だ。

 試合後、主将の長谷部誠は『こういう試合をものにしなければ』といったコメントを残した。
 勝機はたしかにあった。数日前にラグビーの試合があった、というピッチ状態、そして“情報”をふまえた、地の利を逆手にとったミドルシュートを打てなかったのが、あまりにも悔しい1戦であった。


コメントをどうぞ