評判

2012 年 6 月 10 日

 6-0。
 難敵とみられていたヨルダン相手に、しかもW杯最終予選で、このスコア差である。先手必勝といわんばかりに攻めたて、“永遠の課題”といっていい、「相手のレベルに合わせ、おつき合いしてしまう悪い癖」もみられなかった。

 少なくとも本田圭佑がいる時間帯は。

 怪我によるDF吉田麻也の代表離脱は残念ではあるが、交代したDF栗原勇蔵は高い打点のヘディングで攻守に貢献した。第3戦アウェイのオーストラリア戦では先発もみこまれており、日本代表がより“たかみ”をみすえる為には欠かすことができない、選手層をあつくする絶好の機会でもある。

 第1戦3-0、第2戦6-0と毎回のW杯最終予選で、悪意をもって囁(ささ)かられる「決定力不足」を全く感じさせない日本代表である。

 牽引するのは誰がみても本田だろう。

 背番号を「18」から「4」に代え、「4 HONDA」は店頭から消える。日本代表のチームスポンサーであるアディダス社は嬉しい悲鳴ではあるが、試合に間に合わせることができなかった事だけが唯一、くやまれたそうだ。

 背番号「10」をせおう香川真司はこの試合でゴールを記録したが、もし、ヨルダン戦をドルトムントのファンが観戦した場合、はたして香川をみつけられるのだろうか。

 ドイツでの香川をしる者は、きっと歯がゆかったに違いない。

 もちろん、ドルトムントとは戦術的にも違えば、ポジションも中央ではなく左サイドである。そうだとしても本田が中村憲剛と交代した後半12分からは、チームの王様になるべきだった。
 本田がいないチームはそのまま、選手層のうすさを露呈してしまった格好だ。

 香川には、だれがチームの背番号「10」なのか、プレーで示して欲しかった。
 真しやかに噂される『香川がA社のスパイクを履いているから、日本代表の「10」番を背負っている』が真実ならば、つまらない話ではある。

 6月12日アウェイのオーストラリア戦、そんなつまらない噂話をかき消すほどの活躍を香川には期待したい。


コメントをどうぞ