篩い

2012 年 3 月 15 日

 あの日も燃え盛っていた。
 日本を背負う試合ならば、消えている試合はなかったはずだ。
 あの時も、あの試合も。

 3月14日、ロンドン五輪最終予選が国立競技場で行われ、U-23バーレーン代表を2-0で下し、ロンドン行きを決めた。
 引き分けでも五輪行きが決まる状況でも、U-23日本代表は序盤から試合を圧倒した。戻ってきたエース清武弘嗣が好機を演出する。マルセイユルーレットをしてみせたり、停滞感のあった前半戦のスタンド席を時折だが、わかせた。

 後半戦、携帯電話に緊急地震速報が受信される位に、大きな地震があった。スタジアムに動揺が拡がる中、待望の先制点が生まれる。後半10分、比嘉、原口の綺麗なつなぎから扇原貴宏が決める。4分後、畳みかけるように清武が追加点を叩きこみ試合を決めた。

 選手にとってロンドン五輪のピッチに立つことが合格ならば、最終予選までの戦いはセンター試験と言い換えられるのではないか。センター試験で多くの選手が篩(ふる)いにかけられる。篩いに残った選手だけが日本代表選手としてユニフォームをまとい、出場が許される。
 関塚隆監督はたとえ、2010年の中国・広州で結果を残した選手であっても、結果以上の才能が現れたのならば監督として使わざるを得ない。残酷だが、これがプロサッカー選手であり、日本代表という在り方である。

 サッカー選手でなくとも、我々も必ず学校で試験を受けてきた。その時に一夜漬けを経験した方も多いのではないか。
 最近の研究で一夜漬けは人間の脳にとっては、あまり意味がないそうだ。

 学者の中では通説となっているものがなぜ、メンタルの部分が大きく左右するこのやり方に、皆がすがる思いで実践するのか。「やらないより、やったほうがいい」「少しでも」というのが一般的な答えだろう。
 ならば、五輪前に是が非でも強豪国とのマッチメイクを望みたい。例え、一夜漬けでも「世界」との距離を肌で感じたほうが良いのは言うまでもない。

 学校の試験と大きく違うのは、この一夜漬けを経験できる者は合格者であり、ロンドンのピッチに立つことが許された選手なのだということだ。

 五輪まで、あと130日たらずの日数の中でロンドンのピッチに立ちたいのならば、与えられた自身の場所で結果を残し続けるしかない。
 言うまでもなく、最後の篩(ふる)いには香川真司や宮市亮も入ってくる。
 そして、ロンドン五輪の登録メンバーは18人しか許されていない。現在の23人から単純計算で5人が削られることになる。関塚監督がふるう篩いに最後までのこる18人が今から楽しみである。


 ご存知の通り、アトランタ五輪からロンドン五輪まで連続して男子サッカーは本大会出場を果たしている。国立競技場の聖火台はシドニー世代から毎回、本大会出場の瞬間を見守ってきた事となった。黄金世代と呼ばれた試合も、谷間の世代と呼ばれた試合も。

 この世代をどう眺めたのだろう。そして、どう映ったのか。


コメントをどうぞ