万感

2012 年 1 月 1 日

 最高の雰囲気という言葉を具現化したような元日決戦だった。

 2012年を迎えた初日、国立競技場で天皇杯決勝が行われ、4-2のスコアでFC東京が京都サンガFCを下し、天皇杯初制覇を成し遂げた。

 J2制覇を成し遂げたFC東京には強き者にみられる信頼感、結束感がよく表れたチームだった。
 「走ればボールが出てくる」といった類のもので来ることを信じていなければ、あの驚異的な走力は発揮できたのだろうか。
 ボールを奪った瞬間から一斉に3人もしくは4人が走りだす光景にイビチャ・オシム氏が率いていた時のジェフを思い出させた。
 フルコートで3対3のミニゲームを行う程、過酷なトレーニングを科す指揮官のやり方に当初は半信半疑だった選手たちだったが日に日に強くなっていく自分たちに自信を持ち始め、万年中堅以下だった、と言っても差し支えないチームがリーグ戦で優勝を争いが出来るチームになり、遂にはナビスコ杯を獲得に到るまで力の持ったチームに変貌を遂げた。

 親子にも似た癖があるように、一時でも日本代表コーチとしてオシムを支え、寝食を共にした大熊清監督にもオシム氏の癖がみられた。
 『チケットを買ってくれたお客さんを楽しませる』と常々かたっていたオシム氏は守備的な試合を嫌い、常に攻撃的に試合を指揮した。

 FC東京は試合序盤から果敢に攻め立て初制覇を成し遂げたわけだが、京都という好チームも褒め讃えなければならない。京都の果敢な攻撃がなければ、この好勝負もなかった。

 ただ、両者が決定的に違ったのは4失点目にみられる「追うこと」が挙げられる。危険を察知する能力以前に相手が自軍ゴール前に走っている状況で追いかける気持ちに大きな差があった。
 無論、追いかけても決められる時は決められる。だが、個人が走ってする後悔と走らずしてする後悔の狭間には大きな隔たりがある。大きく捉えれば個々の意識が結束のあるチームを作る。走らない事が今後のチーム作りにも大きな影響を与えかねない。

 「あいつが止めたから」、「あいつが頑張ったから」といった労いの気持ちの連続こそ机上の空論では計り切れないのが、サッカーというスポーツである。

 最近の調査でサッカーの勝率は先制点を決めたチームが7割の確率で勝利するそうだ。
 だが、この日勝利したのはFC東京である。


 試合中、地震があった。
 長い揺れで新年早々、おぞましい3・11を思い出させた。

 現在でも仮設住宅に住む方々はサッカーというスポーツの面白さが凝縮された、この試合を観ただろうか。日本の若い才能も得点し、汚いファールも少なく、お互いに攻め合い、この勝利を最後にチームを去る指揮官の目に光るものがあった表彰式を観ただろうか。


コメントをどうぞ