2011 年 11 月 15 日

 日本のどこの川沿いにもある、何の変哲もない河川敷で代表戦が行われているような試合風景であり、テレビ越しでもピッチの劣悪さが伝わって来た。

 ピッチが悪くなると技術の差が出るのは勿論だが、一番こわいのは怪我である。試合前、相手指揮官は『クリーンな試合をしたい』と語っていたが、相手がいくらクリーンな試合をしたところで凸凹のピッチに足をとられ捻挫をしてしまう可能性が個人的に一番こわかった。
 アウェイのタジキスタンで行われたW杯アジア3次予選は4-0というスコアで快勝した。試合序盤はハーフナー・マイクにマークが集中し、中央に引きつけられたDFラインがサイドを大きく空け、クロスの連続にハーフナーの高さといった要素が得点を匂わせる。が、得点が生まれない。
 得点が生まれなかった要因として顕著にあらわれたのが前半7分。長谷部誠のロングパスを岡崎慎司が胸トラップで納める、シュートコースが一瞬あいたのだが、サポートに入ったハーフナーにパスをしてしまったシーンだ。
 擁護するとすれば岡崎は右利きであり、そのシーンは左足で打つ場面にあったのだが、打って欲しかった。更に付け加えるならば、ハーフナーの左利きを生かしたパスとも言える。だが、今季のブンデスリーグ1得点目は左足で決めた素晴らしい得点だっただけに打つべきだった。与えられた一瞬、隙で生まれた一瞬を生かす殺し屋のようなストライカー像を岡崎には期待したい。

 その後、パス回しの際に右→右中央→左中央→左、もしくは逆といった回し方で変化が見られない。
 「労をねぎらう」という言葉があり、日本人のそれをよく表れた行動、言葉である。フリーランニングをした選手を使うのは決して悪い事ではないが、多用してはフリーランニングをし、せっかく空けたスペースを無駄にしてしまったのは言うまでもない。そのスペースに人もボールも入れるテンポを変える縦パスのある攻撃、アイデアが見られなかった。
 長い距離を走った選手を囮に使うような強欲な姿勢をもっと見たい。得点という形が生まれれば、結果として走った選手は報われる。
 そういった意味で今野泰幸の挙げた代表初ゴールはチームに大きな価値を与えた。リスクを犯して前線に走りこみ見事に奪ったゴールは劣悪なアウェイのピッチで戦うチームに安心と落ち着きをもたらしたのは言うまでもないだろう。

 後半に入り、スランプから抜け出しつつある香川真司のキレのある動きについていけず、足が止まりはじめたタジキスタン代表から3得点を挙げ、アウェイの地で勝利を納める。2点目の岡崎、3点目の前田遼一はいわゆる「個」の力で挙げた得点であった。

 特筆すべきは4点目にあり、高度な「個」が融合し、集団で奪った得点であった。飛び級招集の清武弘嗣が軸となり、相手選手にボールを1度も触れさせず、ピッチをものともしない高い個人技、元チームメイトの香川との高度な連携、ワンタッチの連続の末に崩しきり、フリーになった岡崎におくりチーム4点目を叩き込んだシーンは多くのファンが唸った得点ではなかっただろうか。
 未来を感じさせる素晴らしい得点であった。

 この試合の後に行われた同組のウズベキスタンが北朝鮮に1-0で勝利した事により、日本とウズベキスタンが2014年ブラジルW杯アジア最終予選に進むことが決定した。と、同時に15日にアウェイで行われる北朝鮮戦は消化試合になる事となった。

 本田圭佑、長友佑都といった軸である選手を怪我で欠くが、誰もが過去に実践したサブ組での3-4-3ではなく、主力中心で構成される3-4-3を見てみたいのではないか。

 ザッケローニ監督の伝家の宝刀と云われ続けるならば、使ってこその刀なのは言うまでもない。

 サポーター、報道、協会関係者、日本人が総勢300人弱しか許されなかった過去最高になるであろうアウェイ決戦、北朝鮮戦が楽しみである。


コメントをどうぞ