不屈

2011 年 8 月 11 日

 このチームの打たれ強さはいったい何処から来るのか。

 例え、先制点を許しても試合を逆転し続けてきたロンドン五輪を目指す若き日本代表達の戦いにドイツの地で世界の頂点に辿り着いたなでしこジャパンを重ねてしまう。
 このチームの立ち上げからチームの心臓であり、攻守の要、キャプテン山村和也をユニバーシアードで欠く日本であったが不安要素を的中させる様な前半早々の失点であった。
 セットプレーの際、マークで守るのか、ゾーンで守るのか、ハッキリさせたい。守備を統率出来る山村の不在が顕著に出た立ち上がりであった。元々、立ち上がりに失点する傾向にあるチームなのだが、アジア最終予選までに意識さえ統一していれば防げる失点であった。
 先制点を許し、攻めるしかなくなった日本の攻撃にテンポを作ったのは間違いなく山田直輝だろう。
 長い距離を走れる運動量、献身性、判断の早いプレー、止める、蹴る、走るの基礎技術の高さ、原口元気が怪我の為の追加召集ではあったが合流何日かで1ゴール1アシストという結果を残せる高い戦術眼、順応性は素晴らしい、の一言に尽きる。
 チーム全体のイージーなミスが目についたが、難しい事をチャレンジする前に繋げる場所では繋いだり、ショートパスで揺さぶり相手の出方を見たり、シュートが打てるところで打つ、といった判断の早さを求めたい。個々の技術が高いのだから、もっと早い判断能力を求めたい。
 後半戦は適切な間合いを取りつつも虚を突く攻撃がなかなか見られない日本の攻撃であった。前半は縦にボールが入った際にしっかり納められていたが、後半に入ると途端になくなる。
 原因は一つではないが相手を背負い、引き出す、引っ張り出したスペースを突く運動量が減った様に見えた。もう一つの要因としてワンタッチで繋がれば大きなチャンスだが、繋がらなければ単なるミスであり相手DF陣を楽をさせてしまう事を忘れてはならない。
 前半はシュートを打っても良い場面で打たない、といった展開が見られたが後半は途中出場選手がシュートを打つ場面が多く見られた。良い傾向に思う。
 後は精度の問題であり、ワンタッチプレーならワンタッチで正確に味方に預ける精度。前に相手DFがいなかったら打つ、といった場面も「最低でも枠」といったシュート精度の基準が求められる。

 収穫は大いにあった。

 山田直輝の存在、後半は相手にチャンスらしいチャンスを与えなかった組織力が挙げられる。
 選手交代しても組織が崩れる事なく、前半よりシュート数も増えた事。
 これからアジア最終予選が始まれば山村、比嘉祐介といった大学生ながらレギュラーの座を掴んでいる選手も戻って来る。関塚隆監督にとっては嬉しい悩みだが、大切なのは1戦1戦、目の前の事を頑なにこなす姿勢を求めたい。
 無論、若さ故に、といったプレーは見たくもない。
 このロンドン世代にはアーセナルの宮市亮、バイエルンの宇佐美貴史、ドルトムントの香川真司といった高いレベルにある選手達も呼べる。比較的に楽なアジア最終予選のグループには入ったが、油断をせず戦って貰いたい。
 誰かが言った『敵は己自身』といった類の言葉がこれ程に当て嵌まる五輪世代は今まであっただろうか。
 どの選手を使うか、過酷なアウェイでどう戦うのか。

 楽観視は決してしていないが来月から始まる最終予選を若き日本代表が、どう楽しむか、今から胸が膨らむ思いである。


コメントをどうぞ