歩調

2013 年 8 月 23 日

 ニューヨーク・ヤンキースに所属するイチローが日米通算4000本安打を達成したその日、第95回全国高等学校野球選手権大会決勝戦が行われ、群馬県代表の前橋育英高校が同大会初出場ながら初優勝で幕を下ろした。

 どちらも偉業には変わりはないが4191本のタイ・カッブ、4256本のピート・ローズの偉人がイチローの上にはいる。金字塔を立ててはいるものの、両者とも暗い過去をもつだけに史上最年少で4000本に到達したイチローに塗りかえて欲しい、と望む野球ファンは少なくない。

 前橋育英はおとぎ話のような奇跡をやってのけた。

 初出場での初優勝は73回大会の大阪府代表・大阪桐蔭高校以来となる。188cmの大型2年生投手・高橋光成の好投が光るなか、破綻しない守備に支えられたチームは、効果的な打線で日本一に輝いた。

 チームを率いた荒井直樹監督と主将で4番、三塁手を任されていた荒井海斗の「親子鷹」の活躍もあり、偉業に花をそえた。3年生の息子にとって最後の夏、高校球児たちにとって43,000人を超えるファンに見つめられる夢の舞台に立ち、父親の悲願をも叶えた。

 初出場での初優勝の原動力は、たしかな実力と“勢い”がなければ成り立たないのは明白だろう。大会5日目の岩国商業に勝利すると、前橋育英には9者連続奪三振を記録した投手がいる、という印象を世の中に与えた。

 岩国商業は今大会優勝校に甲子園で最初にやぶれた高校だが、試合後に目を惹(ひ)く光景があった。

 甲子園は試合後、地元から応援に駆けつけてくれた方々の待つアルプススタンドに全速力で向かい、挨拶するのが甲子園の習わしでもある。笑って向かうか、泣いて向かうか、は試合結果で変わってくるが、移動という移動は走っておこなうのが甲子園の常識であり、習わしでもある。

 しかし、この山口県代表は歩いてアルプススタンドに向かった。

 記録員としてベンチに入っていた吉本光佑のために彼らは歩いた。病気の影響で不自由になった両膝をもった選手だとしてもチームは彼に背番号18を背負わせた。走れなくとも“戦力”として吉本を選んだことは功を奏し、チームは27年ぶりに甲子園の土を踏んだのだ。

 チームメイトも『光佑のために・・』と口にし、吉本も『自分の歩調に合わせてくれて・・』と口にしている。

 優勝投手となった高橋をはじめ、今大会はおおくの2年生が活躍し注目を集め、はやくも来年の甲子園に熱を帯びる。しかし、彼らに来年の甲子園は約束されていないのも現実だ。

 だが、およそ20年前に愛工大名電(愛知県)の選手として甲子園を経験したイチローは、『4000安打を打つには、8000回以上の悔しい思いをしてきた』と偉業をふり返っている。
 悔しい思いをした選手たちの1年後が待ち遠しい。


コメントをどうぞ